利点の多い家

注文住宅の価格差について

注文住宅とは自分の好きな資材や設備を使用して自由に設計する事が出来る家の事です。通常工務店やハウスメーカー等が建設販売を行っています。建築方法は木造、鉄骨、鉄筋コンクリート等で、一般に木造が一番価格が安い傾向にあります。そして鉄筋コンクリート製の家が最も高額となっています。購入価格としては、平均して2000万円くらいから5000万円の物件が多いです。しかし注文住宅は、地域によって価格に大きな開きがあります。最も価格差のある地域を比較すると坪10万円以上の開きがあります。一般に東京等の都市部では価格が高くなり、広い家を建てる事が比較的難しいです。また使用する資材や設備によっても価格は大きく異なります。ですから注文住宅の相場はなかなか分かりずらいと言えます。

多くのメリットがある住宅

注文住宅は、各部屋の間取りや雰囲気、外観等細部に至るまで自分の希望に合った設計をすることが出来ます。また耐震耐火、防犯性も希望によって強化する事も自由に出来ます。さらにリフォームしやすく建てる事で、将来より簡単に改築する事が出来るようになります。 加えて資材や設備も自分でチョイスする事が出来るので自分の思い通りの予算で家を建てる事が可能になります。ですからこだわりのある部分やそうではない部分に関して、予算をかけたり削ったりする事も可能になるのです。さらに建て売り住宅と違い建築現場を見て話しを聞く事も出来ますので安心感が増します。出来上りが見られないという難点も、最近ではコンピューターでの再現方法により解消され、イメージしやすくなりました。